ホーム業務内容スポットマッピング

スポットマッピング

市販のデジタルカメラを用いた近接写真測量を弊社では、"スポットマッピング"と呼んでいます。

スポットマッピング紹介(動画)

スポットマッピングの特徴

  • 被災地等の危険箇所でも離れた場所から撮影して3次元データの作成が可能
  • 高効率(航空写真測量は平板測量の1/4の所要日数)
  • 撮影時の状況を保存でき、忠実に再現可能(災害、交通事故、交通量調査等)
  • 精度が均一
  • 現地作業の短縮
  • 3次元データを作成することにより断面図等作成が可能
  • 航空写真測量と比較すると面積の小さいデータ作成が有効であり、低コストで撮影時の天候に左右されにくい
  • レーザー計測と比較して欲しいベクトルデータを得やすい

作成データ

  • 遺跡データ(航空写真測量・近接写真測量)
  • 災害情報データ(航空写真測量・近接写真測量)
  • オルソフォト(正射投影写真)
  • TIN(不整三角網)等

スポットマッピングによる写真測量の応用例

遺跡データ作成

1.対空標識設置 2.座標計測 3.写真撮影
対空標識設置 座標計測 写真撮影
現地で標定点となる対空標識を設置 トータルステーション等を用いて現地で計測 市販のデジタルカメラを用いて撮影
4.標定・図化

カメラの仕様及び撮影された対空標識の座標を割り当て

写真の重複部を図化

この遺跡のような狭い空間での撮影ではかなり近接写真となりますが、レンズ歪値を測定した広角カメラを写真測量に活用。複数枚撮影することにより全体を網羅します。これらより各種ベクトルデータやTINデータ、オルソフォト等が作成可能。各縮尺に対応した出力図も作成できます。

ベクトルデータ オルソフォト(正射投影写真) 3Dデータ

地上測量(現地測量)のデータ作成


土砂災害箇所
災害(土砂崩れ)箇所等の写真測量においても同様に、対標設置→座標計測→撮影→図化の手順で作業。
危険な箇所を離れた箇所から撮影しデータ作成することも可能です。
実測に比べ低コストでデータ作成が可能です。
土砂災害箇所復旧に必要となる現況平面図、横断図などの作成ができます。
単写真や図化モデル、立体写真として現況を保存することもできます。
図化
図化
平面図
平面図
横断面図
横断面図

上図は図化とトータルステーションでそれぞれ取得した横断図(上図の斜め線の位置)形状の比較です。

この断面ではほぼ同じ形状が取得でき、平面長さ誤差DXY=0.015m、高さ誤差DZ=0.043mとなっています。