ホーム業務内容UAV

活用事例紹介動画

UAV(Unmanned Air Vehicle)

UAV運用に対するトラブルにも完全対処

UAVとは、無人航空機(Unmanned Air Vehicle)の略称です。
自動操縦、もしくは遠隔操作で飛行する航空機で、「ドローン」とも呼ばれています。
人間が搭乗する必要がないため、危険な場所でも安全に撮影が行えるため、さまざまな場面での活躍が見込まれます。
弊社では、下記のような場面での利活用をご提案させていただきます。

文化財・地形測量での活用

文化財の計測や比較的規模の小さなエリアの地形計測等、一般的な写真測量を行うことができます。
また、撮影した写真より3次元地形モデルを作成し、PC 上で現地を高精度に再現することが可能です。
作成された3次元地形モデルを使い、様々な分野で利活用できます。

3次元モデルの作成

災害調査での活用

災害発生直後で立ち入りが困難な場所であっても、現場上空から被災状況を観測することができます。
被災箇所の写真撮影や3次元地形モデルの作成を迅速に行えるため、質の高い災害復旧測量が可能となります。

「迅速・効率安全」に行われる作業をUAVの活用により実現。質の高い災害対策が可能

施設調査・維持管理での活用

人が近付けない、あるいは近付いて詳細な調査を行うにはコストがかかる橋梁、法面、河川やダムなどを中心に、近接目視の代替としての撮影が可能です。老朽化による損傷を早期に発見するために非常に高効率で効果的です。

橋梁点検・構造物老朽化調査・河川施設点検・法面調査

観光分野での活用

空からの魅力的な観光資源の紹介映像の作成がUAV の活用で容易になりました。
撮影しながらその場で撮影内容を確認していただけるため、欲しい映像を確実に撮影できます。

空からの魅力的な映像の撮影が可能です

土木・建設分野での活用

土木・建設分野における情報課施工が注目される中、現場を高精度に計測した3D データを元に、設計、施工、そして維持管理まで活かし、工事の生産性が高める事が可能です。

地上レーザーとの併用でより高精度な計測も可能です